meiji

鯛やのある愛媛県松山市三津浜地区は、室町時代からの歴史が残る港町です。
道後より流れる宮前川の河口は天然の内港であり、見通しのよさから対岸の港山には
山城が築かれました。港山城と呼ばれたこの城の食糧需要のため、それまでは小さな漁村だった
三津浜に大規模な魚市が成立し、渡し船がはじまり現在まで絶えることなく続いています。

 

 

watashi

藩政時代には松山藩の藩港として船奉行が置かれ、港町としての礎が築かれました。
参勤交代の道や御船手衆が利用した辻井戸など、当時の史跡をそこここに見る事ができます。

 

 

image002

戦災を免れたおかげで江戸時代からの細い路地が残り、土蔵や町家など古民家の町並みを楽しむこともできます。